記事一覧

会社としての体裁が整う

女性

仕組みと特徴

東京などの大都市に行くと、立派な自社ビルを構えた会社も多く見られます。ですが、そのように自社ビルで事務所を構えられる企業はごく一部で、ほとんどの企業は貸事務所などレンタルしたスペースで仕事を行っています。貸事務所という名前がつく場合は、ビルの中の一部屋もしくは一フロアをそのまま貸し切って貸し出されることが多いです。スケルトン渡しであることが多く、机やいす、OA機器、棚などの会社に必要な機器は自前で用意しなければなりません。また、退去するときにはそうした設備をすべて取り除き、原状回復させてから引き渡す必要があることが多いです。スペースを貸し切ることになるので、貸事務所といえども、自前の事務所であるというイメージはわきやすくなります。貸事務所があるビルでは、きちんとした総合受付があるビルであることも多いため、自社で受付スタッフを用意しなくても安心という側面もあります。ただその分コストは高めで、それなりの賃料がかかります。管理費用などの共益費にあたる金額もバカにできません。最近では、必要最低限の設備を備え、間借りするような形で借りるスペースを貸事務所として利用する企業も登場してきています。フロアやスペースを貸し切るタイプよりもはるかに低コストであり、設備投資の手間もいらないので、起業したばかりの企業にとってはメリットの大きいスタイルです。賃料が安いのに住所は一等地の住所にできるので、ネームバリューが得られるという特徴もあります。

Copyright© 2018 貸事務所を選ぼう【気軽に申し込みできちゃう】 All Rights Reserved.